CPaaS事業

Communications Platform-as-a-Service

今後市場拡大が見込まれるCPaaS(Communications Platform as a Service)の分野の日本におけるパイオニアとして2018年に創業しました。

LignAppsは、コンタクトセンター、予約、待ち時間システム等クラウドサービスを提供するあらゆるプラットフォーマーにとってオムニチャネルを容易に実現できるCPaaS Enablerです。

オムニチャネル・コミュニケーションAPIを統合したクラウドサービス

音声通話、メッセージング(SMS/チャット)、ビデオなどの様々なコミュニケーション手段をアプリケーションやビジネスへの容易な組み込みや、マーケティング・オートメーション、CRM、SFA、コンタクトセンターとの連携により独自のオムニチャネルの構築が可能となります。

LignApps CPaaS 公式サイト

CPaaSを利用したサービス

あふれ呼クラウド
あふれ呼クラウド

お客様からのあふれた電話を予約受付するサービス。電話が集中してしまうとお客様満足度の低下を招き、機会損失にもつながります。あふれ呼クラウドは、クラウドでの一次受付とコールバック予約で大切な電話を逃しません。

コールバッククラウド
コールバッククラウド

営業時間外や不在時のお問い合わせや注文などの電話に自動音声で対応。お客様の電話番号を確認し、折返しの電話予約が行えるアプリケーションです。

SMS配信
SMS配信

携帯電話番号のみでメッセージの送受信が可能なSMS(ショートメッセージサービス)は、お客様と簡単につながることができます。メールと比較して到達率が高いので、緊急連絡等にも有効です。

多要素認証クラウド
多要素認証クラウド

IDとパスワードだけの一段回認証に比べて高度なセキュリティが担保できることから、二段階認証が急速に普及しています。多要素認証では、メール、電話、SMSなどの異なる要素を自由に組み合わせた認証手段の提供が可能です。

見えるコール
見えるコール

コール属性を可視化してコンタクトセンターのスマート運営を実現。電話機や電話回線は必要ありません。インターネット、PC、ヘッドセットだけで始められます。

AIボイスメール
AIボイスメール

ビジネスでもプライベートでも、AIボイスメールなら自宅やオフィスやスマホの留守電を1つにまとめられます。録音された音声をテキストで読めるので会議中でも電車の中でも場所を選ばず伝言を確認できます。

プライバシー・コミュニケーション
プライバシー・コミュニケーション

民泊、ライドシェア、フリマアプリなど、売り手と買い手の個人同士が連絡を取り合う際に、相手に個人情報を知られたくない場合があります。CPaaSでは電話番号、メールアドレス、アプリのIDなどの情報をマスキングしたコミュニケーションを実現できます。

オムニ・アラート
オムニ・アラート

機器の障害通知や緊急時の呼び出しなどで、メール、SMS、ビジネスチャット、電話を自由に組み合わせることができます。1つのAPIで実現できるので、通知手段ごとに個々の開発は必要ありません。

お問い合わせ

© 2018 LignApps, Inc.