CPaaS事業
2019.9.11

LignApps、NA!LE CPaaSプラットフォーム上で「あふれ呼クラウド」サービスの提供を開始

株式会社LignApps(本社:東京都港区、代表取締役 社長:吾郷 真治、以下「LignApps」という。)は、NA!LE CPaaSプラットフォーム上で展開する新サービス「あふれ呼クラウド」の提供を開始することを発表いたします。

コールセンターの重要なKPIである「放棄呼率」が年々増加傾向にあり、オペレーターや営業担当者につながらないことで様々な問題が顕在化しています。電話をかけてくるお客様には、待ち時間が長い、通話中が多い、音声応答システム(IVR)での番号入力が煩わしいといった不満が募り、電話を受ける企業側では機会損失、信用低下、慢性的なオペレーターの人手不足といった課題があります。

放棄呼(相手の応答を待ちきれずに電話を切ってしまうこと)が発生するのは、オペレーターや営業担当者の数よりも多くの電話を同時に受信するためで、この状態を「あふれ呼」と呼びます。「あふれ呼クラウド」は、企業のPBXやコールセンターのあふれ呼をクラウド上に転送することで、AIが自動で応答してお客様にコールバックすることを予約する仕組みを提供します。これにより、お客様は電話がつながらないことも待たされることもなく、後ほど企業の担当者から折り返し連絡がもらえるという安心感を持たれます。企業側では繁忙時間に受けられなかった電話を隙間時間にコールバックすることで、オペレーターや営業担当者の人員の最適化を図るとともに機会損失を防ぐことが可能となります。

「あふれ呼クラウド」は、ホワイトレーベルで当社のパートナー経由で企業向けに販売されるサービスです。パートナーは独自ブランドでのサービス展開が可能となり、またパートナー固有のサービスや機能をバンドルして企業ユーザーに付加価値を提供することもできます。

サービス提供イメージ

詳しくはこちら

【NA!LE CPaaSとは】

NA!LE CPaaS(Communications Platform as a Service)とは、シームレスなオムニチャネルを実現するコミュニケーションAPIプラットフォームです。音声通話、ビデオ通話、SMS、+メッセージ、メール、チャット、通話録音、音声認識、IVRなどのコミュニケーションツールをビジネスに組み込むことが可能となります。

【株式会社LignAppsについて】

今後市場拡大が見込まれるCPaaS(Communications Platform as a Service)の分野の日本におけるパイオニアとして2018年に創業しました。LignAppsは、コンタクトセンター、予約、待ち時間システム等クラウドサービスを提供するあらゆるプラットフォーマーにとってオムニチャネルを容易に実現できるCPaaS Enablerです。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社LignApps
Tel:03-5793-3322
お問い合わせフォーム: https://www.lignapps.co.jp/contact/

お問い合わせ

© 2018 LignApps, Inc.