CPaaS事業
2020.1.31

LignApps、NA!LE CPaaS上で「見えるコール」サービスの提供を開始

株式会社LignApps(本社:東京都港区、代表取締役 社長:吾郷 真治)は、NA!LE CPaaSプラットフォーム上で展開するコンタクトセンター、「見えるコール」サービスの提供を開始することを発表いたします。

コンタクトセンターの運営において、機会損失や顧客満足度の低下が大きな課題となっています。従来のコンタクトセンターでは、お客様からの電話を受けた際に事前に登録された顧客情報をオペレーターに通知することはできますが、そのお客様の電話が過去に何度もつながらなかったり、初めてのお客様なのかの判別が難しく、このような課題につながっています。

「見えるコール」は、お客様の電話がキューに入った際に過去の通話履歴と比較して、そのお客様がどのような属性を持つのかを分類することで、オペレーターやスパーバイザーに対して応対の優先度やどのように応対すべきかをリコメンドする仕組みを提供します。これにより、オペレーターはスマートな応対ができるようになり、例えば「初めてのお客様限定キャンペーン」といったターゲットを絞り込んだ対応が簡単に始められます。

さらに、「見えるコール」は、インターネット回線、PC、ヘッドセットの3つだけで始められるため、社内にコンタクトセンター用のシステムを用意する必要がありません。小規模からでも始められ、オペレーターの場所にとらわれないテレワーク型の分散コンタクトセンターを実現できます。

「見えるコール」は、ホワイトレーベルで当社のパートナー経由で企業向けに販売されるサービスです。パートナーは独自ブランドでのサービス展開が可能となり、またパートナー固有のサービスや機能をバンドルして企業ユーザーに付加価値を提供することもできます。

サービス提供イメージ

詳しくはこちら

【NA!LE CPaaSとは】

NA!LE CPaaS(Communications Platform as a Service)とは、シームレスなオムニチャネルを実現するコミュニケーションAPIプラットフォームです。音声通話、ビデオ通話、SMS、+メッセージ、メール、チャット、通話録音、音声認識、IVRなどのコミュニケーションツールをビジネスに組み込むことが可能となります。

【株式会社LignAppsについて】

今後市場拡大が見込まれるCPaaS(Communications Platform as a Service)の分野の日本におけるパイオニアとして2018年に創業しました。LignAppsは、コンタクトセンター、予約、待ち時間システム等クラウドサービスを提供するあらゆるプラットフォーマーにとってオムニチャネルを容易に実現できるCPaaS Enablerです。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社LignApps
Tel:03-5793-3322
お問い合わせフォーム: https://www.lignapps.co.jp/contact/

お問い合わせ

© 2018 LignApps, Inc.