CPaaS事業
2019.8.1

LignApps、NA!LE CPaaSサービスにて多要素認証APIの提供を開始

株式会社LignApps(本社:東京都港区、代表取締役 社長:吾郷 真治、以下「LignApps」という。)は、NA!LE CPaaSサービス上で多要素認証を実現可能なAPIの提供を開始することを発表いたします。

複数のサービスでパスワードを使い回すことのリスクが高いことは広く認識されているにもかかわらず、パスワードの流出や盗難による不正アクセスの事例が後を絶ちません。昨今では、IDとパスワードだけの一段階認証に比べて高度なセキュリティが担保できることから、スマートフォンを利用した二段階認証が急速に普及しています。多要素認証では、メール、音声(電話)、SMSなどの異なる要素を自由に組み合わせた安全な認証手段を提供することが可能となります。

多要素認証とは、ECサイト、SNSサービス、企業ネットワーク、スマートフォンアプリといったものにログインする際に、異なる経路と方法で暗証番号やワンタイムパスワードをユーザーに送信し、リアルタイムに本人であることを確認することで不正アクセスを防止する仕組みです。サービスを提供する企業にとっては情報漏えいによるセキュリティ事故を低減し、サービスを利用するユーザーにとっては個人情報等の重要なデータを守る方法にもなります。

サービス提供イメージ

【CPaaSとは】

音声通話、ビデオ通話、音声・ビデオ会議、SMS、メール、チャット、通話録音、音声認識、IVRといったサービスや機能のAPIをクラウド上で提供するサービスです。例えば、市場・営業活動や顧客管理などの支援ツール(MA/SFA/CRM)、SMSのようなメッセージングやチャットボット、コンタクトセンターなどの各種アプリケーション・システムとの連携が、APIに沿って短いコードを記述するだけで容易に行うことが可能となります。

【株式会社LignAppsについて】

今後市場拡大が見込まれるCPaaS(Communications Platform as a Service)の分野の日本におけるパイオニアとして2018年に創業しました。LignAppsは、コンタクトセンター、予約、待ち時間システム等クラウドサービスを提供するあらゆるプラットフォーマーにとってオムニチャネルを容易に実現できるCPaaS Enablerです。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社LignApps
Tel:03-5793-3322
お問い合わせフォーム:https://www.lignapps.co.jp/contact/

お問い合わせ

© 2018 LignApps, Inc.